138:引っ越し騒動

 こんにちは。

今日も激しい雨が降っています。

ひどい土砂災害が起こってしまって、本当に胸が痛いです。

言葉もありません。

日本は、もはや危機的な状況に陥っていると思います。

せめて、一人一人がよく考えて情報を収集して、自分の命を守りましょう。

引っ越しから、一ヶ月が過ぎました。

引っ越し自体は、うまく行きました。

1:定期借家から脱出できたこと。

2:家賃も少し安いところに移れた。

3:環境もいい。

ただし、今回の引っ越しでは、いくつか重大な失敗  をしました。

一つは、引っ越し業者の選定を誤ったこと  です。

これについては、まだ、問題が解決していなくて、業者と事後交渉中なので、詳しくは書きません。

しばらくかかるのではないかと、思っています。 

◯TT西日本と◯ahoo!との間の連携がうまくいかず、何度も機器を交換し、ネットがつながったのが引越し26日後、だったというのも、結構、ダメージでした。


教訓はいろいろあります。

まず、引っ越し費用の安さにつられないこと。

安いということは、どこかにしわ寄せがいっているということ。

その結果は、結局、引っ越しを依頼する側の不利益になって戻ってくるということ。

ズバッと引っ越しで、いろんな業者から見積もりを取ったところまではよかったのですが、そこで、もっと冷静な判断が必要でした。

価格に惑わされず、もっと、各業者のサイトを仔細に検証すべきでした。

良心的な業者ばかりではない、というのが今回わかりました。

前回引っ越しを頼んだ「ハート引っ越しセンター」は、とても仕事も丁寧で、親切でした。

おすすめです。

「ズバッと引っ越し」自体も、お勧めできます。

要は、そのあと、送られてきた情報の中から、自分が何を基準に何を選択するか、ということですね。

今回の問題が解決したら、また詳しく書きますね。

とりあえず、私のように間違った判断をしてしまう方が出てはいけないので、一つ前の記事の、引っ越し業者選択の基準とした部分に関しての記述を削除しておきます。

それにしても、引っ越しはやっぱり大変。

移住される皆さんが、ストレスなくトラブルなく、うまく引っ越しできますように。

情報を取り寄せてから、一社ずつ、よく検討しましょう。





この豪雨が早くやみますように。

これ以上、被害が出ませんように。

  ザク美。

        
0
    ♪よかったら人気ブログランキングに投票お願いします♪ポチッと→ ♪よかったら、引越し住み替えランキングに投票お願いします。♪ポチッと→にほんブログ村 住まいブログ 引越し・住み替えへ           

    137:定期借家からの脱出

     こんにちは。

    「さあ、ザク美の運命はいかに・・。 続きはまた・・。 

    と書いてから、なんと一ヶ月が経ってしまいました。

    すみません。

    引っ越し作業に追われていました。 

    そうです。

    「猫は何匹飼われますか?」

    と、聞かれて、物件を見にいきますと言ったところまでが前回。

    行ってみたんですね。

    現地へ。

    行ってみたら、道は地図で見たとおり、狭い道でくねくねしていて、夜はちょっと怖いかなという感じではあるんだけど、その住宅の周りがね、なんか、東京の普通の路地裏くらいにうまい具合に建て込んでいて、子どもたちの遊ぶ声も聞こえて、なんとも人間の暮らしというか、なじむ感じ  がしました。

    家は、それなりに年数が経っているのだけど、今回、リフォームしたばかりということで、中はだいぶきれいで、完全リフォームではないので、そこそこ古い感じもあって、まあ、庶民的というか、なじむというか。

    ここなら、少し楽に暮らせるかなあと思いました。

    一緒に物件を見に行った相棒mも、大層気に入った様子なので、もうこうなったら、借りよう! ということになりました。

    それでも気がかりだったのは、今、住んでいる家にかかった初期費用+今度の家にかかる初期費用と引っ越し代。

    不動産屋さんのベテランSさんが、サササッと計算してくれて、「家賃の差額で一年で初期費用は出ますね  」ってなことになって。

    あとは、この数年後に、定期借家の期限が来た時に、ちょうどいい物件が見つかる保証などないのと、その時に引っ越すのでも、新たな住居の初期費用と引っ越し代金は必ずかかる。

    ということに気づいて、引っ越しを決行することにしました。

    それからは、大忙し。  

    なんとか、6月中に契約を済ませて、あとは、ひたすら引っ越しの準備をしています。

    前回の引っ越しでは、当日までほぼ修羅場だったので、今回は、できるだけ余裕を持って、荷物を詰め始めて、最後の方は、お掃除に専念したいなあと思っています。

    引っ越し屋さんを決めるのには、前回同様、

    ズバット引越し比較

    これで、一斉にメールで見積もりを取りました。

    スバット引っ越しサイト経由で申し込むと、引っ越し屋さんも割引があって、あと、ズバッと引っ越しの引っ越しスケジューラーがとても便利です。

    何日に引っ越しと入力すると、その日までにすべきことが全部、カレンダーに表示されて、済んだら「済み」にしていけるので、手続きのし忘れがなくて助かります。

    ここへ越してからの約二年間、仮住まい感が強くて、ぼーっと過ごしてしまったので、今度のところへ移ったら、地道にやっていこうと思っています。

    仕事もちゃんと再開しなくては。

    IT関係の転職ご希望の方、転職サポートしてくれるみたいです。




    こんなことをしている間に、宝塚では、去年、お披露目公演を見たばかりの壮一帆さんの卒業公演

    《宝塚傾奇絵巻『一夢庵風流記 前田慶次』、グランド・レビュー『My Dream TAKARAZUKA』》
    が、とうとう明日には、宝塚大劇場千秋楽を迎えます。

    iPhoneImage.png

    前田慶次は、素晴らしい舞台でした。 

    壮一帆さんは、本当に素晴らしい役者さん。(尊敬

    ここに住んでいて、宝塚歌劇がすぐ近くにあるのは、本当に幸せです。

    今度の住まいは、もっと宝塚に近くなる・・。

    そのあたりもホッとするところ。

    引っ越しまで、あと少しです。

    まだまだ段ボール詰め作業、たくさんあります。

    がんばります。

    なんとか、引っ越し終わるまで猛暑は来ないでほしい。 

    お願いします。
     
    皆様も暑さにやられないように、十分お気をつけ下さいね。

           ザク美。



     

            
    0
      ♪よかったら人気ブログランキングに投票お願いします♪ポチッと→ ♪よかったら、引越し住み替えランキングに投票お願いします。♪ポチッと→にほんブログ村 住まいブログ 引越し・住み替えへ           

      136:定期借家という魔物

      こんにちは。

      関東地方の雨が降り止まず、とても心配です。

      どうか、被害が出ませんように。

      そろそろ止んで下さい。雨。 

      さて、表題「定期借家という魔物」。

      東京から関西への移住で、まず、大阪府内にマンションを借りて、初めの年は通い移住、翌年から大阪に住み始めたのは、読者の皆様、よくご存知のとおりです。 

      大阪の住居が、道路の排気ガスがひどく、いたたまれなくなって、その後、必死で家を探して、今住んでいる兵庫県の住まいを借りて、引っ越しました。

      この住居というのが、この環境のいいあたりでは破格の家賃で(相場の半額ぐらいだと思う)、いろいろな条件に恵まれていたため、一度、こんなところに住んでみたいものだと思い、引っ越しました。

      ここが、破格の家賃だったというのには、理由があり、「定期借家」というものでした。

      定期借家何年と契約して、その時が来たら更新はなし、必ず解約するというものです。

      まだ、仮住まい感覚もあり、東京の自宅に置いてきた莫大な荷物のこともあって、とりあえずここに住んでいる間に、東京からの本格的な引っ越しをしようという計画で、借りていたのでした。

      けれども!

      「定期借家」というのは、実は魔物でした。

      せっかく引っ越してきたにもかかわらず、どうせ、数年後にはここを出るのだと、思うと、安住には程遠く、それ以上に、定期借家の期限が来た時に、果たしてこのような条件の家がうまく見つかるのだろうか、という不安の方がどんどん強くなっていくのでした。

      この住まいを契約する時に、定期借家3年なら、家賃◯◯円。5年なら◯△円と、定期借家の年数が低いほど、家賃設定も低かったのですが、3年ですぐに引っ越しというのは、忙しすぎだろうと思って、5年で契約しました。

      にもかかわらず、あと◯年でここを出る。というプレッシャーは、予想以上のもので、その時になって、うまいこといい物件があるのだろうか、という不安感はどんどん増してきてしまいました。

      初期費用はずいぶんかかってしまったし、5年間は住めるのだから、もうしばらくは住んでいよう、と自分に言い聞かせつつ、でも、実は心配している、というこの頃でした。

      住まい探しの最大のネックになるのが、猫OK物件の少なさです。 
      その他に、我が家の場合、決定的なのが楽器がOKかどうかです。 

      そんなこんなで不安が募るばかりで、気づくと、ネットで賃貸物件を検索しているという最近のザク美でした。

      このあたりの相場を見ると、この近くに住居を探すというのは、現実的ではないので、別の駅からの徒歩物件をずっと探していました。

      ペット可物件に、問い合わせをして、
      「猫の飼育は可能ですか?」

      と聞くと、

      「こちらは、小型犬のみとなっております」

      という返事が来るのがもう、当たり前になっていて、数日前、駅からの道はちょっと寂しいけれど、間取り家賃など、だいぶいいなあ、と思う物件に問い合わせメールをした時も、

      「申し訳ありません。こちらは、小型犬1匹までとなっております」
      という返事を99%覚悟していました。

      ところが、翌日届いたメールには、
      「お返事が遅くなり大変申し訳ありません。
       猫の飼育相談可能ですが、ザク美様は、何匹飼われますでしょうか?
       いつでもご内覧可能でございます。

      という驚くべき返信が来た。

      これには、慌ててしまった。

      「あ、ここいいな。でもどうせ猫は無理なんだ・・

      でも、問い合わせるなら、タダだし。

      と思ってエイヤッとSUUMO君に問い合わせた結果が、この返信。

      「何匹飼われますでしょうか?

      出た!

      何匹飼うか?!   

      つまり、1匹2匹なら、大丈夫ってこと!?   

      それから、頭の中は、急混乱。

      どうしよどうしよどうしよ。  

      今の住まいに払った初期費用はもったいないし・・・でも、家賃の安いとこに移れば、生活は楽になる。でも、引っ越し費用はかかる。もちろん、次の初期費用だってかかる。

      いろんな考えが渦巻いて、でも、現地を見れば、あきらめがつくに違いない。

      行ってみれば、「あ、ここに住むのはちょっと無理、今回は縁がなかったんだ。今のところに、もうしばらく住めということ」

      と、うまいこと納得できるだろう、と考えて、翌日、一応、現地を見にいくことにしました。

      さあ、ザク美の運命はいかに・・。

      続きはまた・・。 

               ザク美。

      結局、一番役立つ不動産探しサイト。
      おなじみのSUUMOくん。↓






              
      0
        ♪よかったら人気ブログランキングに投票お願いします♪ポチッと→ ♪よかったら、引越し住み替えランキングに投票お願いします。♪ポチッと→にほんブログ村 住まいブログ 引越し・住み替えへ           

        135:須磨離宮公園のバラ(2)

        こんにちは。

        真夏日が続いてますね。  

        大丈夫ですか?  

        さて、須磨離宮公園のバラの続きです。

        まずは、涼しい写真から。

        メインの庭園の真正面にある滝。





        かなり大きい。

        遠くから見ると、こうなってる。




        この滝のところまで登ると海まで一望できる。


        こんな感じ。




        この赤や黄色に見えるのが全部、満開のバラなのです。


         


          

               


              


               

                 

               

        もう、本当に驚いた。

        バラの香りに包まれて、どこまで歩いても満開のバラ。


        こんなにたくさんのバラの花を初めてみて、もうしあわせでしあわせでどうしていいかわからないくらいだった。

        見頃は、毎年、5月の下旬らしい。

        須磨離宮公園の春のローズフェスティバルは、まだ開催中だけど、王侯貴族のバラ園を楽しむのは、また来年がいいかもしれません。

        驚くほどバラの花満開の須磨離宮公園のご案内でした。

        ザク美。

        雪組壮さんの退団公演と、
        星組レオンちゃんの阪急貸切公演。
        受付中です↓



        あと、驚いたのは、今、ピンクのバスウィラーで、7月30日まで、55歳以上の人は、全国どこでも片道1,000円なんだって。
        誰か、55歳以上の人がいたらお勧めです。
        (1000円のチケットを申し込むのは、トップページから「55歳以上限定」をクリックして、そこから進む。ちょっと難しいけど。)
        家族で移住の下見にも安く済むからいいかもです。

        WILLER TRAVEL



        楽天市場  
                
        0
          ♪よかったら人気ブログランキングに投票お願いします♪ポチッと→ ♪よかったら、引越し住み替えランキングに投票お願いします。♪ポチッと→にほんブログ村 住まいブログ 引越し・住み替えへ           

          134:須磨離宮公園のバラ(1)

          こんにちは。

          急に暑くなりました。

          お元気ですか?

          さて、日曜日に東京からのお客様をどこにご案内しようかと検討したところ、今はどこもバラが満開ということがわかり、あれこれ調べて、須磨離宮公園に行ってきました!

          神戸市立須磨離宮公園。

          「輝く緑、降り注ぐ太陽、花と水と歴史のオアシス」だそうです。

          ずいぶんすごいキャッチコピーをつけましたね。

          ここで、「春のローズフェスティバル2014」が開催中です。

          さて、須磨離宮公園というのは、どうやって行くのか。

          ここです。




          三宮より西へ行くのは、初めてだったのでワクワク。

          大阪方面から神戸方面へ向かって走ってきた阪急電車と阪神電車は、なんと、神戸高速線「高速神戸」で合流する。(ここ、びっくりするところ  

          ちなみに、三宮からは、いきなり地下鉄になっちゃいました。(さらにびっくり)



          というわけで、阪急でも阪神でも新開地を目指して乗ってきて、あとは、そのまま接続している山陽電車に乗る。

          ちなみに、高速神戸より西は改札出ないで、阪急でも阪神でも乗れるしくみ。
          (さらにびっくりするところ 

          それで、山陽電車に揺られて数駅。

          須磨寺で降りました。

          これ、須磨寺駅を走る山陽電車。



          ようこそ、須磨寺へ。




          駅の北側の、須磨寺へ向かう参道。
          昔ながらのお店がある。



          坂を登って行く。

          登ったところにこんなものも。




          さらに真っ直ぐ行けば須磨寺に着きそう。

          案内矢印に沿って、右カーブの道へ。

          がんばって登る。

          けっこう、健脚コース。

          そして、道路の向こう側に見えた!

          神戸市立須磨離宮公園。

          これが、正門。



          入り口の切符売場で、切符を買う。

          入園料一人400円。

          コープこうべの会員証とか、スタシアカードなどを見せると一割引き。

          切符を買ったら、もうノーチェック。

          勝手に入ります。

          大きな木ばかり。森。



          順路に沿って歩いていく。

          とても涼しい。

          いい気持ち。




          そして、「王侯貴族のバラ園」を目指して歩く。


          着いた!     


          すごい!   



          どこにもここにもバラ バラ  バラ








          ほんとに満開。





          こんなにたくさんのバラを見たのは、生まれて初めて。

          本当にびっくりした。

          あまりにもたくさんのバラがあったものだから。

          続きは、また追加しますね。


          ザク美。

          格安飛行機、Peachとかは、いろいろ欠航続いてるけど、スカイマークは大丈夫そう。



                  
          0
            ♪よかったら人気ブログランキングに投票お願いします♪ポチッと→ ♪よかったら、引越し住み替えランキングに投票お願いします。♪ポチッと→にほんブログ村 住まいブログ 引越し・住み替えへ           

            133:移住先は海外がいいのか、国内がいいのか。

            こんにちは。

            風薫る5月も半ばを過ぎて、残り一週間。

            今年は、大阪市の瓦礫焼却がないので、いい風が吹いています。 

            窓も開けられるのでうれしい。

            この前、Twitterで回ってきたツイートに、「女子アナはどんどん海外移住」みたいなのがあって、確かに、驚くほどの数の女子アナたちが、海外に住まいを移していることがわかりました。

            ほんと?という方は、「女子アナ 移住」で検索してみてください。

            「夫の海外赴任のため」とか、「新しいことにチャレンジしてみたい。海外留学します」とか、いろんな理由をつけているんだけれど、日本で女子アナ、特に東京キー局のアナウンサーになるというのは、ちょっと「女子アナ 倍率」と検索しただけでも、「1000倍」とか出るくらいだから、簡単に捨てられる職業ではないはずです。

            そんな彼女たちが、せっかく手にした職業を投げ捨ててまで、この三年間にわれもわれもと、海外へ住まいを移すというのは、東京で仕事をしながら生活するには、なんらかの不都合がある、と判断された結果なのだろうと思います。

            311のあと、テレビ局などのマスコミには、逐一、正しい情報が入っていたみたいだし。

            そんなわけで、経済的な余裕も、語学力も十分な人たちは、この三年間にずいぶんたくさん、海外に移住されましたね。

            で、今日のテーマ。

            「移住先は海外がいいのか、国内がいいのか?」という話です。

            これは、考え方が、真っ二つに分かれていますね。

            もともと海外経験豊富な方たちは、いち早く、海外に移住された模様です。

            国内と海外とで、それほど境を感じないで移動できる方々でしょうね。

            その場合にも、国内に親などがいて、家もそのまま残して、という方たちは、家財道具を整理することもなく、比較的楽に海外移住に踏みきれたのかもしれません。

            私は、と言うと、海外への移住を考えたことは一度もありません。 

            それだけの能力がないから。

            海外移住するには、乗り越えるハードルが多すぎて、とても現実問題としては考えられません。猫たちのこともあるし、親のこともあるし。  

            そういう個人的な事情だけでなく、日本人全体が助からなくてはならないと考えると、海外に行くという選択肢は無理になります。

            おそらく、最初の何十万人かが海外移住した時点で、それぞれの国での日本人に対する考え方は変わってくるだろうし、百万人単位で移住した時点で、おそらくその国にとって日本人が迷惑な存在になってくる。さらに、一千万単位の日本人が、海外に生活拠点を移した場合、もはや、世界は「日本人問題」に頭を抱えることになってくるでしょう。

            そうでなくても、日本は、世界の海、漁場である太平洋を、毎日恐ろしい勢いで汚染し続けているのだから、世界に対しては、もはや日本人は加害者になってしまった、というのが本当のところだと思います。

            条件が整って、海外移住をできた方は、そこで現地の方とうまく人間関係を作って、しあわせに暮らしてほしいと思っています。

            でも、どうしても、海外に移住しなきゃ、と焦る必要もないだろうと思います。

            一挙にすべての問題がクリアーされるなんてことは、ないのだから、現在の状況よりも少しいい状態に移行していくのが、大事だと思います。

            汚染のとてもひどい地域から、比較的ましな地域へ。

            たとえば、学校給食で被曝させられる危険の高い地域から、学校給食が安全な地域へ。

            特に、すでにいろいろな症状が出てしまっているお子さんのいる家庭などは、一足飛びに海外へなどと考えなくても、多少なりとも状況を改善できる土地への移住は、大事だと思います。

            そのために必要なのは、自分の感覚だと思います。

            その場所へ行って、空気の感じ。臭い、風がどこから吹くか。

            今いるところよりも、ずっと大丈夫な感じ、という身体感覚に従うのが大事だと思います。

            もちろん、行政がどうなっているか、学校教育がどうか。
            そんなこともきちんと調べる必要があります。

            あまりにも保守的な地方へ行って、学校や教育委員会と闘うのは、とても大変ですから。
            Twitterなどで、すでに移住している人と知り合って、その場所の情報を詳しく聞くのがいいと思います。

            みんながしあわせになれますように。

            ザク美。

            住んでみたい街の家賃などを調べてみる。



            楽天トラベル株式会社


             

                    
            0
              ♪よかったら人気ブログランキングに投票お願いします♪ポチッと→ ♪よかったら、引越し住み替えランキングに投票お願いします。♪ポチッと→にほんブログ村 住まいブログ 引越し・住み替えへ           

              132:蘭寿とむさん ありがとう☆

              こんにちは。

              今日、2014年5月11日は、宝塚歌劇団 花組トップスター 蘭寿とむさんが、歌劇団を退団される日です。
               
                              

              東京から関西に初めて引っ越してきた私たちに、全く新しい文化としての宝塚歌劇という世界を見せてくれた蘭寿さん。

              蘭寿さんの純真な心が現れる舞台に、これまで持っていた宝塚歌劇のイメージを完全に覆され、蘭寿さんと花組のファンになりました。

              悲しすぎる演目であったり、楽しいショーであったり、次の演目が発表されるたびに一喜一憂して、安いB席チケットを買って何度も大劇場に足を運びました。

              この二年間、蘭寿さんと花組が見せてくれた世界は、東北大震災と原発事故以後の、私たちの根源的な悲しみを癒してくれるほとんど唯一の宝物でした。 

              あまりにも繊細に見える蘭寿さんが、総勢70名もの花組を率いて努力され、常に笑顔で観客の前に立ってくれる。 

                             

              そのことがどれほど私たちを勇気づけてくれたことでしょう。

              花組生みんなが、本当に蘭寿さんを信頼し、慕っているのがわかります。

              3月17日の宝塚大劇場の卒業の日には、ラスト蘭寿さんが、空に舞い上がる無数の白い風船に送られて大劇場をあとにする姿をこの目に焼き付けました。

              今日の東京宝塚劇場千秋楽、蘭寿さん正真正銘のラストデイの様子は、見にいくことができません。

              東京での蘭寿とむさんのラストデイ。

              いいお天気に恵まれて、みんなが幸せで、蘭寿さんにとっても最高の一日となりますように。

              蘭寿とむさんのこれからの人生が、これまでの宝塚生活にも増して、しあわせでありますように。

              蘭寿とむさんに心からの感謝をこめて、

              蘭寿さん、本当にありがとう!


                       

              蘭寿とむという素敵な感性に出会えたこと、蘭寿とむさん率いる花組に出会えたことに、感謝します。

              花組のみんなの明日からの日々も、きっとしあわせでありますように。

                                 ザク美。

                        

                             
              蘭寿さん主演作品の歌を素敵なピアノ伴奏で歌えます。
              ↓   ↓    ↓
              YouTube Michiru Neko



              宝塚スカイステージも2週間無料で見られます。スカパー。

              今なら2週間お試しで見られます! スカパー!簡単申込

                      
              0
                ♪よかったら人気ブログランキングに投票お願いします♪ポチッと→ ♪よかったら、引越し住み替えランキングに投票お願いします。♪ポチッと→にほんブログ村 住まいブログ 引越し・住み替えへ           

                131:宙組 ベルサイユのばら

                こんにちは。

                阪急交通社貸切公演、宝塚歌劇団宙組 「ベルサイユのばら オスカル編」 を見てきました。



                宙組を見たのは、昨年の「風と共に去りぬ」以来、2回目です。

                現在の宙組のトップスターは、凰稀かなめさん。(おおきかなめさん)

                普段は、男役のかなめさんですが、それが今回は、オスカル  です。

                (前回は、彼女はレットバトラーを演じたの。この人)
                    ↓

                   iPhoneImage.png

                ベルばらと言えば、もちろん宝塚の最強のドル箱作品であり、1974年の初演以来、なんと450万人もの観客を動員している作品。

                宝塚99周年の昨年には、月組「オスカルとアンドレ編」と雪組「フェルゼン編」、100周年の今年3月には、雪組全国公演「オスカルとアンドレ編」と、手を替え品を替え、何度も何度も上演されているばかりでなく、このあとも、6月から名古屋で花組の「フェルゼンとマリーアントワネット編」、8月には宙組全国ツアー「フェルゼンとマリー・アントワネット編」そして来年には、花組「フェルゼンとマリー・アントワネット編」で台湾公演!・・と、果てしなくこれでもか的に繰り出されている驚異的な演目なのであります。

                そんなわけで、今年お正月が明けて、レオンちゃんの星組 ナポレオンのあと、花組蘭寿さん退団公演「ラストタイクーン」のあとの宙組の演目が、かなめさんオスカルのベルばらと発表された時、多くのファンが「またベルばら!」と、深いためいきをついたにに違いない・・という状況がありました。

                そんなわけなので、阪急電車沿線を、かなめさんオスカルのどアップポスターが飾ろうとも、「もう、ベルばらはいいよ・・」と思ったのは事実であります。

                とはいえ、阪急交通社の貸切公演は、B席ペアチケットが6300円で、一人3150円で見られるので、一応、どんなものか、チケットを買っておいたのでした。 

                そしたらね。

                びっくりしましたよ。

                かなめさんオスカルには。


                泣かされましたよ、まなとさんアンドレには。

                いやあ。

                まさか、ベルばらで、ほんとに涙があふれるとは思わなかった。

                もう、知りすぎているセリフと、知りすぎているシーンが、毎回繰り返されるのを、いろんな映像で見てきたから。

                そしたらね、かなめさんがね。 

                真剣勝負のオスカルを演じていた。

                本当にびっくりした。



                オスカルが本当にいたとしたら、こんな人だったんじゃないだろうか、と思えた。

                強い。

                剣が強いというのは、これまでは芝居上のお約束で、台本上、オスカルが勝ちます、
                というような感じだった。

                ところが、かなめオスカルと来たら、ほんとに強い。

                この人なら、衛兵隊の荒くれたちと張り合っても負けない、というのがわかった。

                すごい迫力なんだよ。  

                それに負けないだけの、緒月遠麻さんのアランもすごかったし、朝夏まなとさんのアンドレも、ほんとに平民の苦しみを知っている人だ、と感じた。

                何度も何度も再生されて、聞き古されていたアンドレのセリフが、命を絞り出すようにまなとさんアンドレから発せられた時、アンドレとオスカルの物語が、信じられないほどの実在感を持ってしまった。 
                 
                      《まなとさんアンドレ》
                     

                本当に驚いた。

                これの秘密は何かと言うと、終演後のインタビューで、かなめさんが語っていたことに尽きると思う。

                つまり、ベルばらは、歌舞伎のような型芝居だと言われてきた。けれどそれは、深い感情の動きがあって、初めて出てくる型なのだということ。

                かなめさんは、型としての芝居をする前に、感情をほとばしらせたオスカルを演じた。その結果、その型としてのセリフ、芝居が、初めて真実となった。

                これには、本当に学ばされた。

                一回一回の舞台に、あれほどまでにエネルギーを注いでいては、一日2回公演、これを毎日なんて、無理じゃないかと思うくらい、一度の舞台に、全身全霊をぶつけているように見えた。
                その姿に、打たれた。

                かなめさんの演技にかける真剣さ。

                それにぶつかっていく、緒月さん、まなとさんの真剣さ。

                そういう一人一人の真剣さが、見事に結実した舞台だった。   

                凰稀かなめさんは、本当に素晴らしいと思った。

                前回、レット・バトラーやった人なんだよ。

                それが、

                「ああ、本当のオスカルって、こんな人だったのかもしれない!」

                と、観客に思わせてしまうような演技ができる。

                彼女の仕事に取り組む真剣さに、心から賛辞を送ります。

                宙組は、ほんとにいい組になってるなあ。

                阪急交通社貸切公演、現在のチケット状況。

                東京のベルばらは、もう高いチケットしかないけど、次の宝塚大劇場の雪組壮一帆さん退団公演のB席ペアチケットはまだあります。
                阪急交通社貸切公演は、ほんとにお得です。今年は特に100周年なので、司会者にすごいビッグ・スターが来てくれる。
                ↓  ↓


                前回の花組公演では、元花組の愛音羽麗さん、今回の宙組公演では、先日退団されたばかりの悠未ひろさんが、司会と抽選会、終演後のトップスターインタビューをしてくれました。

                宝塚に興味あるけど、チケット取りにくいし、と思ってる方は、まず阪急交通社貸切公演からトライすると確実で、安いのでぜひおすすめします。

                     ザク美。




                        
                0
                  ♪よかったら人気ブログランキングに投票お願いします♪ポチッと→ ♪よかったら、引越し住み替えランキングに投票お願いします。♪ポチッと→にほんブログ村 住まいブログ 引越し・住み替えへ           

                  130:チェルノブイリの話をしてくれるヨガ教室。

                  こんにちは。

                  4月の風邪、ご心配いただいて、ありがとうございました。

                  耳鼻科の先生のお薬が功を奏して、大丈夫そうです。

                  3月、4月、かなりさぼったので、5月はがんばろう。

                  さて。

                  いい季節です。

                  世間はゴールデンウイークですね。 

                  お天気に恵まれてよかった。

                  ちょっと駅前まで行っただけで、緑がきれいで、わくわくします。

                  今日は、ヨガスタジオで行われていた、東日本大震災支援のバザーに行ってきました。


                  きれいなもの、こんなにいろいろ買ってきた。 

                  iPhoneImage.png

                  売上は、あしなが育英会に寄付されるそうです。

                  実は、この会場となったヨガスタジオ。

                  3月から通っています。

                  話せば長くなるけれど、つまりは、ともかくここ数年の運動不足をなんとかしないといけない ので、いろいろ考えた結果、ヨガを選びました。

                  ヨガ教室といっても、調べてみるといろいろあって、ちょっと見、よさそうだけど、体力的に絶対続きそうもない  のとか、ちょっと見、よさそうだけど、金銭的に続きそうもないの  とか、あとは、よくわからないけど、フィーリングが合わなそうなの  とか。

                  ヨガ教室だけでも本当にたくさんあります。

                  その中で、キラリと私の目を引いたのは、「ヨーガ療法専門のスタジオ」というところ。

                  「心と体の健康を目的とした、ゆっくりとした優しいヨーガです。

                   ストレス過多による心身の不調に対して、心と体の余分な緊張を取り除き、心身のバランスを整えていきます。

                   初めての方もご安心ください。クラスでは気構えることは何もありません。
                   他の人と比較することなく、マイペースでご参加いただけます。どうぞお気軽にお越しください。」


                   という文言。

                  この、「他の人と比較することなく、マイペースで」というのが、とてもいい感じがしました。

                  いろんな教室に通って、続けられなくなるのは、他の人と比較されたり、発表会に出るとか、レベルをあげていくとか、競争のような感覚で進めていかなければならない時です。

                  もっとがんばって、とか、もっと努力すればできるようになります、とかいうのは、却ってストレスになってしまう。

                  へたでも、できなくても、怒られないのがいい。

                  そんなわけで、このヨガ教室のホームページをすみからすみまで読んで、さらに、主宰の先生のブログを読んでみたら、先生が何年も前から、チェルノブイリの原発事故で被曝した人たちにヨガを指導するために定期的にキエフを訪れていることがわかりました。

                  古市先生のブログ

                  それで、ぜひとも、この先生にヨガを教わろう、と思って申し込みました。

                  4月は、2回休んでしまったけれど、あとは、休まず行っています。

                  90分のレッスンの中で、先生は、よくチェルノブイリの話をしてくれます。

                  キエフの人たちの健康状態が、簡単なヨガを一年続けたことによって、大きく改善されてきたという事例。

                  主に、ゆっくりとした呼吸に重点を置いた、無理のないヨガです。

                  息を長く吐きながら、身体を一定時間緊張させて、一気に緩める。
                  そして、休む。

                  その繰り返しで、いろんな身体の状態が改善されてくるようです。

                  インドの行者さんたちの考え方なども話してくれるので、この物質文明に毒された日本での生活の仕方の不自然さから、少しずつでも、身体にいい暮らし方に変えていけるような感じです。

                  4月は、風邪を引いて、いろんなことが中断してしまったけれど、実際に、ヨガのレッスンを受けるようになってから、この三年間失っていた私の中の意欲が舞い戻ってきて、また、自分の仕事にきちんと向きあおうという力が湧いてきました。

                  ゆっくりした呼吸と、身体の緊張と弛緩。

                  たった、それだけなんだけれど、習慣にしていけると、健康に暮らせそうでうれしいです。

                  これは、スタジオ内に貼ってある、先生がキエフにヨガ指導に行った時の写真。

                  第7回  2012年。





                  第9回 2013年。



                  年に2回、行かれているのですね。

                  今年は、ウクライナの情勢が緊迫しているため、訪問が中止になっているそうです。

                  ウクライナの人たちは、チェルノブイリの原発事故の被害にあって、さまざまな病気を抱えているので、政治的な状況も早く改善されてほしいです。

                  というわけで、被曝症状の改善に、ヨガが効果があるようなので、日本でもいろんな症状が出てしまっている方、ヨガをやってみるのもいいかと思います。

                  古市佳也先生のスタジオ:ヨーガスタジオ チャンドラ 西宮ヨーガ療法研究センター

                  古市先生のレッスンは、関西圏、他のところでも開催されているようなので、ご希望の方は、問い合わせてみて下さい。

                  少しずつ、健康になれますように。


                          

                  収納、インテリア、ペット用品などのアイリスプラザから、GW中使える1,000円券が来てます。

                  5月7日までのお買い物、3000円以上購入の場合、1000円券が使えるらしいので、ペットフード、猫砂など、どうせ買わなければならないもの買うのにお得です。
                  ↓   ↓

                  あとは、GW、行くとこもないし、お金もないしという場合には、DISCASのお試し無料DVD借り放題がとてもお得。
                  ↓  ↓


                     健康で、楽しいゴールデンウイーク、過ごして下さい。

                           ザク美。




                   
                          
                  0
                    ♪よかったら人気ブログランキングに投票お願いします♪ポチッと→ ♪よかったら、引越し住み替えランキングに投票お願いします。♪ポチッと→にほんブログ村 住まいブログ 引越し・住み替えへ           

                    129:4月は風邪と共に去りぬ。

                    こんにちは。

                    二ヶ月近くさぼってしまいました。

                    ごめんなさい。

                    3月は、年度末ということで、いろいろ忙しかったです。

                    それが全部終わって、「やったー!4月だー!」と思ったその日から熱を出して寝込んでしまいました。

                    この三年間、終始緊張していたなあという自覚はあります。

                    4月になって、一区切りついて、「休める・・」と思った瞬間、発熱して寝込むってなんなんでしょ。

                    きっかけは、3月31日に、大阪へ行ったことです。

                    空気が悪いなあと思いながら、新しいマスクを忘れたので、マスクをしないで過ごしてしまいました。

                    前の日までとは打って変わって、その日から急激に気温が下がって、帰りの阪急線もずいぶん寒かった。

                    これじゃ、風邪引くよ・・と思いながらも、冬も問題なく乗りきれていたので、たかをくくっておりました。

                    そしたら、夜になって、寒気がし始めて、咳が出て、喉が痛くなって・・。  

                    普通の風邪だろうと、ちょっと寝てれば治るだろうと思っていたのに・・。

                    寝てても熱は下がらず、38度が何日も続いてしまって、これは抗生剤ないと治らない、と覚悟して、5日めにふらふらしながら内科へ行きました。 

                    ここへ越してきてから、内科にかかったことがなくて、どこの内科へ行けばいいのやら。

                    熱は少し下がったものの、体力も落ちているので、できるだけ近いところ。

                    そこの内科は、よく前を通るのだけど、あまり名医じゃないっぽいので、避けていました。

                    なぜ、名医じゃないっぽいかというと、まあ、妙に建物や設備が豪華とか・・そんなあれこれで。

                    でも、悪い病気だといけないので、がんばってそこへ行きました。

                    そこの若いお医者さんは、なんでも機械でやるので笑いました。

                    機械であれこれ調べた結果、特になんの異常もない、とのことで、お薬処方されて帰ってきました。

                    で、そのお薬を4日のんだ。

                    けれど、全然治らない。

                    抗生剤も全部のんだし、もう少し安静にしてれば治るのかな、なんて思いながら起きたり寝たり、具合が悪かったり。

                    それで、咳がひどいし、このままではまずいと気づいて、耳鼻科に行こうと決めました。

                    こちらの耳鼻科は、ネットでの評判もよく、前に相棒mがかかった時も、非常にいい対応だったので、ちょっと遠いけどがんばってそこへ。

                    行ってみると、とてもいい先生で、現在の状況をよく説明してくれて、別のお薬を三種類。

                    前の内科で出された薬は、用途が違うので別の薬を出します、というご説明。

                    それをがんばって4日間、服用。

                    結果、かなり改善。

                    4日後に、再び耳鼻科へ行って、もう少し軽い薬を追加で3日分。

                    「これを飲み終わる頃には、すっかり治るでしょう。」と言われて帰宅。

                    案の定、それをのみ終わるころには、大方治った。

                    と、思った。

                    んだけど、薬が切れた翌日から、ぶり返した感じになって、でも、もう治ったし、もうすぐ治るさ、なんて思ってだましだまし過ごしてるうちに、どうもなんだか治る気配がない。

                    それで、まずいなあ、と思いながら、またその耳鼻科へ。

                    すると、「明らかにぶり返してますね。初めに来られた時と同じ症状に戻ってます。どこかから、また別の風邪をもらってしまったんでしょうね」

                    ・・。

                    すみません。せっかく治ったのに。

                    それでまた別のお薬出してもらって、2日間過ぎた。

                    だいぶよくなった。

                    今、ここ。

                    今日は、ずいぶん暖かいし、かれこれもう一ヶ月も風邪にさいなまれてきたのだから、さすがにこれをもって治ってほしい。

                    この一ヶ月間の、バカげた風邪生活から何かを学ぶとすれば。

                    大阪に行く時は、性能のいいマスクをしよう。

                    (何か、悪いものを吸い込んだのだと思う。)

                    風邪症状が治ったと思っても、気を抜かないで、完全に治るまできちんと静養しよう。

                    そんなわけで、桜が咲き、宝塚歌劇団が100周年を迎え、なんて素敵な春! と、満喫するはずの4月を丸一ヶ月、寝て過ごしてしまいました。

                    もともと気管支が弱いのでね、性能のいいマスクが必須でした。

                    ともかく一度引くと、治らないので、風邪は引かないように!

                    5月は、元気で過ごしたいよ。

                    皆様もどうぞお気をつけて下さい。

                    (あと、初めから、よさそうな医者に行こう。)

                    宝塚は、100周年祭りが終わって、今週から宙組のベルばらが始まります。

                    阪急交通社の宝塚貸し切り公演は、すごく面白いのでオススメです。






                     というわけで、5月から、なんとか普通に暮らせますように。


                          ザク美。

                    P.S.
                    スポーツ選手や、芸能人の骨折がひどいね。
                    おそらくストロンチウムだよね。
                    骨がストロンチウムを吸収しないで済むように、あらかじめカルシウムは、たっぷり摂っておこうね。

                    これが、おいしいです。




                    meiji LOLA カルシウム+D


                       よい5月を! 

                            
                    0
                      ♪よかったら人気ブログランキングに投票お願いします♪ポチッと→ ♪よかったら、引越し住み替えランキングに投票お願いします。♪ポチッと→にほんブログ村 住まいブログ 引越し・住み替えへ           


                      profile

                      profilephoto 書いた記事数:146 最後に更新した日:2016/01/08

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      • 11:大阪のどのあたりに住むか?(1)
                        ザク美。
                      • 11:大阪のどのあたりに住むか?(1)
                        しげ
                      • 114:ようやく空気がよくなってきたので。
                        ザク美。
                      • 114:ようやく空気がよくなってきたので。
                        ノリコ
                      • 83:手塚治虫記念館(2)
                        ザク美。
                      • 83:手塚治虫記念館(2)
                        ヨシモリ
                      • 83:手塚治虫記念館(2)
                        ヨシモリ
                      • 83:手塚治虫記念館(2)
                        ザク美。
                      • 83:手塚治虫記念館(2)
                        ヨシモリ
                      • 83:手塚治虫記念館(2)
                        ヨシモリ

                      calendar

                      S M T W T F S
                        12345
                      6789101112
                      13141516171819
                      20212223242526
                      2728293031  
                      << May 2018 >>

                      Twitter

                      links

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM

                      QLOOKアクセス解析