136:定期借家という魔物

こんにちは。

関東地方の雨が降り止まず、とても心配です。

どうか、被害が出ませんように。

そろそろ止んで下さい。雨。 

さて、表題「定期借家という魔物」。

東京から関西への移住で、まず、大阪府内にマンションを借りて、初めの年は通い移住、翌年から大阪に住み始めたのは、読者の皆様、よくご存知のとおりです。 

大阪の住居が、道路の排気ガスがひどく、いたたまれなくなって、その後、必死で家を探して、今住んでいる兵庫県の住まいを借りて、引っ越しました。

この住居というのが、この環境のいいあたりでは破格の家賃で(相場の半額ぐらいだと思う)、いろいろな条件に恵まれていたため、一度、こんなところに住んでみたいものだと思い、引っ越しました。

ここが、破格の家賃だったというのには、理由があり、「定期借家」というものでした。

定期借家何年と契約して、その時が来たら更新はなし、必ず解約するというものです。

まだ、仮住まい感覚もあり、東京の自宅に置いてきた莫大な荷物のこともあって、とりあえずここに住んでいる間に、東京からの本格的な引っ越しをしようという計画で、借りていたのでした。

けれども!

「定期借家」というのは、実は魔物でした。

せっかく引っ越してきたにもかかわらず、どうせ、数年後にはここを出るのだと、思うと、安住には程遠く、それ以上に、定期借家の期限が来た時に、果たしてこのような条件の家がうまく見つかるのだろうか、という不安の方がどんどん強くなっていくのでした。

この住まいを契約する時に、定期借家3年なら、家賃◯◯円。5年なら◯△円と、定期借家の年数が低いほど、家賃設定も低かったのですが、3年ですぐに引っ越しというのは、忙しすぎだろうと思って、5年で契約しました。

にもかかわらず、あと◯年でここを出る。というプレッシャーは、予想以上のもので、その時になって、うまいこといい物件があるのだろうか、という不安感はどんどん増してきてしまいました。

初期費用はずいぶんかかってしまったし、5年間は住めるのだから、もうしばらくは住んでいよう、と自分に言い聞かせつつ、でも、実は心配している、というこの頃でした。

住まい探しの最大のネックになるのが、猫OK物件の少なさです。 
その他に、我が家の場合、決定的なのが楽器がOKかどうかです。 

そんなこんなで不安が募るばかりで、気づくと、ネットで賃貸物件を検索しているという最近のザク美でした。

このあたりの相場を見ると、この近くに住居を探すというのは、現実的ではないので、別の駅からの徒歩物件をずっと探していました。

ペット可物件に、問い合わせをして、
「猫の飼育は可能ですか?」

と聞くと、

「こちらは、小型犬のみとなっております」

という返事が来るのがもう、当たり前になっていて、数日前、駅からの道はちょっと寂しいけれど、間取り家賃など、だいぶいいなあ、と思う物件に問い合わせメールをした時も、

「申し訳ありません。こちらは、小型犬1匹までとなっております」
という返事を99%覚悟していました。

ところが、翌日届いたメールには、
「お返事が遅くなり大変申し訳ありません。
 猫の飼育相談可能ですが、ザク美様は、何匹飼われますでしょうか?
 いつでもご内覧可能でございます。

という驚くべき返信が来た。

これには、慌ててしまった。

「あ、ここいいな。でもどうせ猫は無理なんだ・・

でも、問い合わせるなら、タダだし。

と思ってエイヤッとSUUMO君に問い合わせた結果が、この返信。

「何匹飼われますでしょうか?

出た!

何匹飼うか?!   

つまり、1匹2匹なら、大丈夫ってこと!?   

それから、頭の中は、急混乱。

どうしよどうしよどうしよ。  

今の住まいに払った初期費用はもったいないし・・・でも、家賃の安いとこに移れば、生活は楽になる。でも、引っ越し費用はかかる。もちろん、次の初期費用だってかかる。

いろんな考えが渦巻いて、でも、現地を見れば、あきらめがつくに違いない。

行ってみれば、「あ、ここに住むのはちょっと無理、今回は縁がなかったんだ。今のところに、もうしばらく住めということ」

と、うまいこと納得できるだろう、と考えて、翌日、一応、現地を見にいくことにしました。

さあ、ザク美の運命はいかに・・。

続きはまた・・。 

         ザク美。

結局、一番役立つ不動産探しサイト。
おなじみのSUUMOくん。↓






        
0
    ♪よかったら人気ブログランキングに投票お願いします♪ポチッと→ ♪よかったら、引越し住み替えランキングに投票お願いします。♪ポチッと→にほんブログ村 住まいブログ 引越し・住み替えへ           

    コメント
    西宮は良いところですね。

    それなのにー  ですが。
    瓦礫焼却も終わってやっとホッとします。

    大陸由来のPM2.5は、しつこいですね。
    気象協会で飛来の予想をしてます。
    http://www.tenki.jp/particulate_matter/

    放射性物質も含まれてるかも? 観測データ一の覧です。
    http://new.atmc.jp/#d=w

    ご参考に。
    • みみ
    • 2014/06/19 3:46 AM
    みみさん。
    コメントありがとうございます。
    データのリンクありがとうございます。
    今、思うのは、やはり瓦礫焼却の時は、気化したガスだったことと、燃やしたことによって、化学変化を起こして、普段はない危険な物質が生成されていたのだろう、ということです。
    最近のそらまめ君を見ても、結構、赤い丸の時も多くて、でも当時の状況とは、全く違う。
    やはりあれは、瓦礫の焼却による毒ガスだったんだなあと思っています。
    身体に気をつけて過ごしましょう!☆
    • ザク美。
    • 2014/06/23 9:27 PM
    コメントする








       

    profile

    profilephoto 書いた記事数:146 最後に更新した日:2016/01/08

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 11:大阪のどのあたりに住むか?(1)
      ザク美。
    • 11:大阪のどのあたりに住むか?(1)
      しげ
    • 114:ようやく空気がよくなってきたので。
      ザク美。
    • 114:ようやく空気がよくなってきたので。
      ノリコ
    • 83:手塚治虫記念館(2)
      ザク美。
    • 83:手塚治虫記念館(2)
      ヨシモリ
    • 83:手塚治虫記念館(2)
      ヨシモリ
    • 83:手塚治虫記念館(2)
      ザク美。
    • 83:手塚治虫記念館(2)
      ヨシモリ
    • 83:手塚治虫記念館(2)
      ヨシモリ

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << September 2018 >>

    Twitter

    links

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM

    QLOOKアクセス解析