102:ベルサイユのばら-フェルゼン編-

こんにちは。

今日はとてもいいお天気です。

でも、なんだかずいぶん寒いです。

風邪を引かないように気をつけてね。

さて。

昨日は、久しぶりに宝塚に行きました。

去年まで花組にいらした壮一帆さんの、
雪組トップお披露目公演《ベルサイユのばら-フェルゼン編-》
の様子を見に行って来ました。

これです。




関西へ越してきてから、花組・蘭寿とむさん大好きになって、花組のお芝居を何度も見にいったのだけれど、そこで、いつもひときわ安定した存在感を放っていたのが壮一帆さん

その彼女が、昨年クリスマスイブに退団された音月桂さんのあとを受けて、雪組のトップ男役に就任されたのですね。

それで、今回のベルばらが宝塚大劇場でのお披露目公演。

(ちなみに、彼女の場合、入団からトップ就任まで16年かかってます。その間、どれほどの努力を積み重ねられたことでしょう・・。

実は、ベルばらは見にいかなくてもいいかなと思っていたのだけど、毎日見ているスカパーのタカラヅカスカイステージで、どうやら壮さんが非常にスケールの大きい、かなり素晴らしい役者さんだということがわかってきたので、昨日、ポカンとあいた快晴の休日に、エイヤッと行ってみたのです。

有難いことに、宝塚大劇場、ぷらっと行ってみるくらいの近さです。

一応、当日券があるかどうか電話で確認してから行ったのだけど、割とのんびり出かけたので、着いた時には、当日券はすべて完売していて、

「立ち見です」

ということになっていました。

立ち見で3時間・・それはちょっとつらいだろ・・今日は、やめにしてと思ったら、相棒mが「立ち見でいいよ」というので、なんと、立ち見宝塚初体験!

これです。立ち見のチケット。



2,500円です。

いくら安いったって、立ち見はつらいぞ。
と、覚悟していたのだけど。

びっくりしたことに、「立ち見のお客様は先行入場」

なんと、他のSS席、S席、A席のお客様たちが、劇場入り口でごった返して待たされている中を、劇場案内のお姉さまに連れられて、誰もいない劇場内へ、しずしずと一番に入場!

なんだこのセレブ感は!  

立ち見席は、一階最後列A席の背もたれの後ろ。

位置的には、かなりいい。

多い時には、立ち見券が100枚以上出るらしいのだけど、昨日は入場時点で20人くらい。

なので、A席最後列の後ろ、立ち見放題でした。

胸の高さに横1本の手すりがあるので、それにもたれかかって見るという感じ。

私たち立ち見セレブのお客様が、所定の位置に着いたころ、S席、SS席、A席のお客様の大群がざわざわと入場され、その頃には、私たちは自分の立ち位置の手すりにハンカチを結びつけて場所取りをして、ロビーのソファでくつろぐという形。

そうそう、その横1本の手すりにつかまって観劇というのは、まさにサッカー場で立ち見席で観戦する感じ。

しかも、前に座っているA席の人の頭ははるか下で、全く視界に入らないので、非常に見やすい。


さて、そんなこんなでうまいこと芝居は始まりました。

観客席には、昨年までの雪組トップスター、音月桂さんもいらしていて、ラッキー。

そういえば、この前のオーシャンズ11を見に行った時には、壮一帆さんが観劇にいらしていたのですよ。

さて、99期生の初舞台の口上なども、初めて見せていただき、いよいよベルばら☆

まあ、びっくり。

なんと、華やかな舞台。

衣装も背景も、これでもかというくらいの美しさ、華やかさを誇っております。

一昨年の震災以来、こんなに華やかなものを見たのは初めて。

明るい気持ちになります。

そして、壮一帆さんのフェルゼンの凛々しいこと。 

実は、タカラヅカスカイステージでも、ベルばらは40年分、いろいろ放送されているので、時々目にしているのだけど、いかんせん40年前の脚本、音楽を踏襲しているので、最近の作品に比べるといろいろつらいところがあるのですね。

でも、実はそれは役者さんの技量にも大きく左右されるわけで。

壮さんのフェルゼンはね、素晴らしいです。

この立ち姿だけでも、もはや有無を言わせぬフェルゼンですね。




しかも、芝居がうまい、歌が上手い。

昨日は、少し喉を痛めておられたか、本来の深く美しく伸びやかな歌声に陰りが感じられたのですが、大阪のがれき焼却の影響で、呼吸器をやられないように  祈っています。

壮さん、大阪市此花区からの有害物質が宝塚まで飛んできているので、吸気にはくれぐれも気をつけて下さいね!外歩く時は、マスクして下さいね!

というわけで、壮一帆さん雪組トップご就任にあたって、私も生まれて初めて、宝塚のベルサイユのばらというものを観劇したのでした。

物語的には、フェルゼン編というだけあって、冒頭からラストまでフェルゼン中心。

壮さんの演技が本当に上手なので、よく知ってるセリフや、場面にもあっという間に感情移入。

役者さんの力ってすごいです。

当然のことながら、マリー・アントワネットとの恋愛が物語の中心なのだけど、そこに、もちろん、フランス革命、オスカルの愛、そして、オスカルとアンドレとの愛が、加わってきます。

私は、終始、オスカル目線で見ていたので、今回、フェルゼン様がオスカルの思いをきちんと受け止めて、それに応えられないことに誠意を尽くしてお詫びしてくれたので、長年のフェルゼンに対する悲しい思いが、報われた感じでうれしいです。

そのあたりで、見てよかった! と思う。


これ、休憩時間の舞台。



もう、全体的に美しい美しい、絢爛豪華な舞台。

でも、革命の群衆のシーンは、レミゼかと思うくらいの、抑えた色調と迫力ある舞台で、とてもよかったです。

昨日の公演は、マリー・アントワネット:愛加あゆさん。
       オスカル:早霧せいなさん。
       アンドレ:未涼亜希さん。

 早霧せいなさんのオスカルがとてもかわいくて、素敵でした。

(今回は、闘うオスカルがテーマではなく、フェルゼンを愛する女性としてのオスカルが主なので、ちょうどよい)       

 この公演、オスカル役とアンドレ役は、役替りの日があるので、もし、見に行く方はそのあたり事前にご確認下さいね。

宝塚歌劇公式サイト
ベルばらフェルゼン編特設ページ

というわけで、心配していた立ち見も、周りが広くて、足も手も自由に動かせるので、時々足の運動をしたりして、好き勝手に過ごせたので、狭い席に座ってる窮屈感と比べると、う〜ん、価格的にどっちでもいいねというレベルでした。

なんといっても、10センチ前に座ってるA席の方は、5,500円なので、2,500円で、立ち見というのは、悪くないな、という結論です。

それにしても、私たちが今、当たり前に享受している市民権や選挙権、多くの先人たちが命をかけて勝ち取ってきたものなのだよね・・と、しみじみ思ったベルばら観劇でありました。

帰り道。

宝塚の夕暮れ。



うん。

移住してよかったなぁというのが、正直な気持ち。

東京の日比谷は、帰りに満員電車に揺られて、通勤客に揉まれて帰ってくるうちに、見てきた夢が消えてしまうのね。

宝塚は、山が見えて、コトコトコトコト各駅停車で帰ってくるので、夢見心地のまま家まで着けます。

豪華絢爛、楽しい一日でした。

壮一帆さん、雪組の皆さん、どうもありがとう

タカラヅカスカイステージも、2週間ただで見られるスカパーお試しはこちら。

今なら2週間お試しで見られます! スカパー!簡単申込


というわけで、大阪市は、早くがれきの焼却を中止して下さい。

さあ、月曜日、今週も一週間、元気に過ごそうね!
                ザク美。 
        
0
    ♪よかったら人気ブログランキングに投票お願いします♪ポチッと→ ♪よかったら、引越し住み替えランキングに投票お願いします。♪ポチッと→にほんブログ村 住まいブログ 引越し・住み替えへ           

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    profile

    profilephoto 書いた記事数:146 最後に更新した日:2016/01/08

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 11:大阪のどのあたりに住むか?(1)
      ザク美。
    • 11:大阪のどのあたりに住むか?(1)
      しげ
    • 114:ようやく空気がよくなってきたので。
      ザク美。
    • 114:ようやく空気がよくなってきたので。
      ノリコ
    • 83:手塚治虫記念館(2)
      ザク美。
    • 83:手塚治虫記念館(2)
      ヨシモリ
    • 83:手塚治虫記念館(2)
      ヨシモリ
    • 83:手塚治虫記念館(2)
      ザク美。
    • 83:手塚治虫記念館(2)
      ヨシモリ
    • 83:手塚治虫記念館(2)
      ヨシモリ

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << September 2018 >>

    Twitter

    links

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM

    QLOOKアクセス解析