2:移住はつらいよ。

                          



はっきり言って、移住はつらいよね。

自分が何十年もかかって築いてきた、いろんなものを捨ててくるわけだから。

それでも、移住しなければならないことって、いうのがあるわけで。

だから、この先、日本は、
大移住時代を迎えるわけで。

だから、できるだけ楽しく、楽に、移住してよかったな!って思えるようにしないといけない。

となると、このブログの使命は、「あー、大阪楽しい! 移住してよかった!」って、あなたが思ってくれることだ。

がんばる☆

        
0
    ♪よかったら人気ブログランキングに投票お願いします♪ポチッと→ ♪よかったら、引越し住み替えランキングに投票お願いします。♪ポチッと→にほんブログ村 住まいブログ 引越し・住み替えへ           

    16:とりあえず旅行で大阪に来てみる。

     移住すると言っても、そう簡単にはいかないよね。

    部屋を一つ契約すると言ったって、見ないで契約するわけにはいかないから。

    だから、まずは旅行ということで、気楽に来てみるというのがいいと思う。


    実際に、その地を訪れてみないと、「住む」覚悟なんてできないし、自分の感覚が一番大事だから。

    ということで、1泊か2泊の大阪旅行を計画する。

    私も、去年の5月と7月に、ほとんど旅行で大阪に来た。

    その時には、見るもの聞くものびっくりで、大阪ってすごいなっ って、ほんとに思った。

    とりあえず、移住とか考えないで、観光でやってきてたこ焼きたべたり、お好み焼き食べたり、大阪城に登ってみたりすればいいと思う。

                  

       これ、去年、私が生まれて初めてみた大阪城。

     ちょっと新品な感じのお城だね。

     家族の何人で来るか、によって違うけれど、ホテルに一泊するのだったら、パッケージされている「往復+宿泊」、というのが安上がりだと思う。

    関西に宿泊するなら、関西の会社の方がいいと思うので、最近好きな阪急系で検索。


    国内旅行なら任せて⇒★自慢の格安旅行が勢揃い★

    ↑このページの「フリープラン交通+宿泊」というのを選ぶと、往復+1泊で19,000円。
    2泊3日で、35,000円とかある。


     夜行バスで来て、一日、大阪見て回ってその夜の夜行バスで帰る0泊3日というのも一度やったけど、結局、帰ってから疲れて数日使い物にならなかったので、おすすめはしません。(体力に自信がある人には無理に止めるわけじゃないけど・・

     もちろん、夜行バスで往復して、宿泊は格安の宿を探して何泊もする、という案もある。

     探せば、めちゃめちゃ安い宿もある。>> じゃらん

     (日付、泊数、県、エリアを選んで検索結果をだしたあと、「料金の安い順」をクリックすると、とんでもなく安い宿がでてきて驚く おいおい大丈夫か・・。

     覚悟してそういう安い宿に泊って何日も滞在しようという場合には、1泊7日とかのパックがある。(往復+一泊めだけ。あとは自力でなんとかしなさいというやつ)
                
               ↓ ↓ ↓

             
     
      楽しく旅行して、それで感触をつかんで、移住への一歩が踏み出せるといいんだけどね   
            
    1
    ♪よかったら人気ブログランキングに投票お願いします♪ポチッと→ ♪よかったら、引越し住み替えランキングに投票お願いします。♪ポチッと→にほんブログ村 住まいブログ 引越し・住み替えへ           

    32:移住先を選ぶ時に考えた方がいいこと

     こんにちは。

    今日は、おかげさまで、新しく住む家の入居の申し込みをしてきました。
    (契約はまだです)

    そこで、街を歩きながら思ったことがあるので書いておきます。

    今回、私は東京から大阪に引っ越してきて、とても活気のある街が気にいって、わくわくして暮らしていました。

    でも、せっかくこっちへ引越してきたので、本当に住みやすい街を探したい、と思ってずっと探し回っていました。

    がんばって探せるように、このブログも始めたのでした。

    そして、今回、まさに運良く、ぴったりする感じの街をみつけることができました。

    そのぴったりする感じっていうのが何なのか、ちょっとわかったので、書いておきます。

    今日、その街を歩きながら、本当に心が安らいで、幸せな気持ちになりました。 


    それは、私が生まれ育った街に似ていたからです。


    街並みというのがあります。

    自分が安心する風景

    移住するには、その自分が安心できる風景にできるだけ近い風景を選ぶのが、成功のもとなんじゃないかなと、思います。

    都会で暮らすのが落ち着くという人は、同じような感じの都会を。

    自然が豊かなところで暮らすのが一番安心できる、という人は、そういう自然豊かなところを。

    今回、私がぴったりくるな、と感じたのは、「住宅街」の雰囲気です。

    住宅が連なっている感じが、私の子ども時代の東京の感じに似ていたのです。

    こんなに穏やかな風景のところは、今の東京にはない。

    だから、これは私が心に描いていた安心できる風景なんだと思います。


    でも、実際にはなかなかそこまで行けないので、まずは、Googleマップのストリートビューで、街の様子を見て回ることをおすすめします。

    これ→  GoogleMAP

    Googleマップを開くと、こういう画面。




    この、上の方の検索窓に、調べたい地名を入れて検索します。

     

    ↑ためしに「 大阪府豊中市中桜塚3丁目」と入れて検索したところ。

    そうすると、その地域が点線で囲って表示されます。

    その中の、見たい通りを何度もクリックしてどんどん拡大していくと、やがて

    ペグマン→ 

    が現れて、画面がストリートビュー(街を写真に撮ったやつ)に変わります。

    こんな感じ。↓

         


      画面の道路上に現れる白矢印をクリックすると、右や左に進めるし、

    左上のこれ→  を操作すると、東西南北くるりと回転したり、
    拡大したり縮小したりできます。

    こうやって、地道に街を探索していくと、だいたい、どんな感じの街並みなのかわかります。

    この街は、どうかな? と思ったら、まずはストリートビューで、散策してみて下さい。

    あなたの気持ちにぴったりの街が見つかりますように。




    *             *           *          *         *    

     
    P.S.
     とって応援東京新聞。防災グッズ付き。
    ↓      ↓      ↓
            
    0
      ♪よかったら人気ブログランキングに投票お願いします♪ポチッと→ ♪よかったら、引越し住み替えランキングに投票お願いします。♪ポチッと→にほんブログ村 住まいブログ 引越し・住み替えへ           

      48:引越し無事完了しました。

       いつもご訪問ありがとうございます。

      おかげさまで、無事に兵庫県に引っ越せました。 

      引越し屋さんのお兄さんたちのプロの技に目を見張っている間に、あれよあれよと積み込みが終了し、本当に楽しく和気あいあいとしている間にすべての荷物を運んでいただきました。

      ハート引越しセンターのプロの引越し士の方々には、感謝 感謝 感謝 です。




      エアコン工事の方も、引越し作業の方も、ガス会社の方も、窓の修理の方も、本当に皆さん、心優しく温かい方たちばかりで、こんなに幸せな引越しがあるのか、というほど素敵な引越しでした。

      有難いことです。

      ここは、静かで空気もよく、風景も美しいので本当に有難いです。

      東京で暮らしていた時の心の圧迫感を思うと、広々とした環境で暮らせることが、こんなに人間にとって幸せなことだったのか、とつくづく思います。

      大阪の街の賑わいもとても楽しいものでしたが、静かに暮らせる場所に巡りあえて幸運でした。


      猫たちも、元気です。





        感謝を込めて。

                ザク美。


              
      0
        ♪よかったら人気ブログランキングに投票お願いします♪ポチッと→ ♪よかったら、引越し住み替えランキングに投票お願いします。♪ポチッと→にほんブログ村 住まいブログ 引越し・住み替えへ           

        49:ご近所への挨拶まわりなど。

        こんにちは。

        毎日、いろんな業者さん が来て、バタバタ対応に追われているうちに、引越しから4日が過ぎました。

        おかげさまで、うまくいっています。
        (というか、いろいろな問題を改善するために業者さんが来て、修理などしてもらっているので結果うまくいっているということだけど・・。)

        さて。

        ご近所への挨拶まわり用に、フェイスタオルを箱に入れてもらって、名前を印刷した熨斗もつけてもらって、それをしっかり5軒分用意してきていたのです。

        過去に引越しの挨拶でいただいた物から、相手のセンスや人柄まで類推してしまったばかりでなく、その品物を見るたびに、その人はこういう人なんだといちいち確認する自分がいたので、今回はかなり念を入れて選びました。

        自分のイメージと違うものを贈らないように。

        知らない人が隣へ越してきて、挨拶もなくバタバタしているのはすごく嫌だと思うので、初日から、すぐ出せるように、引越しの荷物とは別にして準備していたのだけれど、お留守のお宅が多くて、なかなか渡せませんでした。

        そうして、一昨日、ついに全部のお宅へご挨拶を完了しました。

        やはり、お隣近所を訪ねるのはすごく大事でした。

        不動産屋さんから教わったゴミ置き場は違っていたし、一ヶ月交代でゴミ置き場の掃除の当番があることもわかったし、キッチンの窓と眼と鼻の先のお隣は、実は誰も住んでいないことがわかったし、家主さんのご兄弟の方が、とても気さくでいい方なので、安心したし。

        皆さんのお話を総合すると、この町はとても古くからの町で、この界隈に住んでいる方は、ほとんどが昔からの住人だということ。

        「私は、一番の新参者なのよ」

        と話してくれた奥様は、ここへ来て50年だそうで。

        「まだ、50年しか住んでらっしゃらないんですね」

        と、笑い合った。

        あっちのお宅もこっちのお宅も、もっと古くから住んでいて、子ども世帯は出ていってしまって、ここに残っているのは、60代、70代の方が大半。

        子どもたちが土地を分けて住んでいるお宅も何軒かあって、そこは代が変わるたびに土地が半分になっていく東京の街とよく似ている。

        それでも、

        「ここは老人ばかりになっちゃったから、若い方が来てくれてうれしいわ

        と、あちこちで言われたのでうれしかった。

        新興住宅地に越さなくてよかった。


        別に私は、特に若くはないんだけど、その方たちから見れば、たしかに若い!
        有難い。

        ということで、まだ、段ボールも開けきれていなくて、乱雑ではありますが、ここでの生活は順調に始まっています。

        今日は、今までいた部屋の退去の前の掃除をしに、エアコンも電灯も取り外してしまった旧居へ、今から行ってきます。

        暑いだろうなあ・・。

        がんばる。

                    

        一昨日の夜、駅から家へ帰る途中、後ろから女性の声で呼び止められて、何かと思ったら、見習いの美容師さんがブローのモデルを探して困っていた。

        頼んでいたモデルの人に急にキャンセルされてしまったそうで、お願いです、お願いですと懇願されたので、まあ、この街とは仲良くしようと思って、今日の夜8時から10時くらいまで、無報酬でブローの実験台になることにした。

        ほんとは、ブローなんて全然必要ないんだけどね。

        美容師をやっている若い友達のことがふと頭をよぎったのだ。

        彼らは、終業後に毎日練習したり、試験を受けたりしてるんだよね。

        今回の彼女は、美容師になって4年めなんだけれど、まだ、シャンプーとヘアダイまでしかやらせてもらえないらしい。

        今日の試験に通ると、ブローへ一歩近づいたりするんだろうか。

        カットまではまだ道が遠いね。

        というわけで、灼熱の中、掃除用の出で立ちで大阪へ行ってきます!

                
        0
          ♪よかったら人気ブログランキングに投票お願いします♪ポチッと→ ♪よかったら、引越し住み替えランキングに投票お願いします。♪ポチッと→にほんブログ村 住まいブログ 引越し・住み替えへ           

          84:幸せへのキセキ

          こんにちは。

          ちょっとご無沙汰してしまいました。

          何をしたわけではないのに、なんだか疲れきってぐったりしていました。

          数日、ぐたぐたと寝ていたら、ようやくなんとなく活動可能になりました。

          寒いので、ちょっとバテます。

          できるだけ温かくして過ごしたいと思います。

          3月に引越してきた時には、東京に残してきたこともいろいろあるので、月に一回は東京へ通うつもりでいました。

          なので、冬物衣料品を、あまり持ってきていないのです。

          今度来た時運べばいいや、と思って3月の引越しの荷物は、最低限にしたのでした。

          ところが、実際に猫 も連れてきてしまったので、あまりこちらを留守にできず、東京のさまざまな約束なども、ほとんどすっぽかしてしまって、関西に居続けているので、冬ものを運ぶチャンスがなかった。

          そんなわけで、冬物衣料が足りていない。

          そんなわけで、不必要に寒いのでした。

          で、昨日は仕方なく冬物のズボンなど、買いました。(だいぶ温かい。)

          それでも、このままではいろいろまずいので、今月中にもう一度、東京から関西行き、クロネコヤマトの単身引越1Boxを運ぶことにしました。

          さて。

          表題の「幸せへのキセキ」

          映画タイトルです。

          TSUTAYADISCASで、毎月980円で、4枚までは郵送でCD,DVDが借りられるので、年末から映画を積極的に見ています。(以前、借りなかった枚数分が累積でたくさん借りられる。)

          この「幸せへのキセキ」というのは、日本版タイトルの付け間違いNO,1ですね。

          原題は、「We Bought a Zoo.」

          これ、ベンジャミン・ミーというコラムニストの回顧録が原作で、この方の実話に基づいた物語らしいです。

          We Bought a Zoo.というくらいで、この方は、動物園を買ってしまったわけで・・・。

          なんで、このブログでこの映画を紹介しているのかというと、このミーという人は、最愛の妻を亡くして、その土地で生き続けるのがつらくて、新しい移住先を探していたんですね。

          それで、不動産業者にあちこち案内してもらっているうちに、理想的な家を見つけた。

          ここを、買いたい!
          と、思ったのだが、その家には、廃園寸前の動物園がくっついていてこの家を買うには、動物園経営が必須条件だったっていうわけです。

          こちら→ 
          この映画のオフィシャルサイト

          こんなバカな話があるかい! と思うけど、実話なんだからしょうがない。

          何も、家を買いたいだけで、動物園まで買わなくたってね。

          この映画は、ハッピーエンドで誰も不幸にならないので、「いろいろ大変だったけど、よかったよかった」的な「幸せへのキセキ」なんだろうけど。

          それで、見終わった感想は、一言。

          どんなに大変な移住も、これに比べりゃマシでしょう。

          というわけで、ああ、関東から関西に移住するなんて、大変すぎる〜〜〜!と思っている人は、ぜひ一度、この映画を見ていただくと、

          「わー! この芦屋の物件、動物園が付いてない! ラッキー!」  

          と思えたりするでしょう。

          いちいちDVD借りに行ったり、返す日を気にして暮らすのは面倒だよ〜、延滞料金にはコリゴリだよ〜という方は、ぜひぜひ、郵便で借りたり返したりできるTSUTAYADISCAS、ご利用下さい。

          未入会の方は30日間、無料で借り放題です。(絶対得です)

          TSUTAYA DISCAS



          大阪市のがれき本焼却が、1月から予定されています。

          反対運動が間に合わないと焼却が始まってしまう可能性があります。

          とりあえず、大阪への移住はおすすめできません。
          大阪に近い兵庫や、京都府も必ず影響を受けます。

          移住先の選択肢が狭められてしまいますが、とりあえず、動物園がついていないところを探したらいいと思います。

          GOOD LUCKです!



                  
          0
            ♪よかったら人気ブログランキングに投票お願いします♪ポチッと→ ♪よかったら、引越し住み替えランキングに投票お願いします。♪ポチッと→にほんブログ村 住まいブログ 引越し・住み替えへ           

            121:四国への移住情報

             

             

            こんにちは。

            今日は、気温は低いけど、太陽サンサンの日です。 

            これまで、関西への移住応援ということで、大阪、兵庫の情報ばかり書いてきましたが、実際には関西以外で、移住支援をしている自治体があります。

            たとえば東京から、四国の山間の町などへ移住するのは、相当な適応力が必要なので、簡単にはいかないと思いますが、一応並べてみますね。

            最近、コープ自然派で、徳島の野菜や肉を食べているので、とても身近になった徳島県

            ちなみに、徳島県ってココです。





            兵庫県から、高速バスで2,100円で徳島まで行けるみたいです。

            「徳島県への移住・滞在・観光に関するサイト」

            移住交流センターというのも、各市にあるみたい。

            徳島県移住交流センター

            過疎の町は、新しい住人が来てくれることを歓迎してくれるものね。

            そういうところへ行くのはだいぶいいと思う。

            徳島・過疎で検索したらこんな記事があった。

            「徳島県の過疎地にIT企業が集結してるらしい」

            ↑古民家で、IT事業を展開してる方々の写真などあって面白い。

            なんと、すべての集落に光ファイバーが完備されているとは。

            たしかに、光ファイバー網羅されてて、土地はある、家賃は安いとなると、IT企業にはうってつけなのかも。

            こちらは、高知県

            ちなみに高知県とは、ここ。




            高知県移住支援サイト→ 高知家で暮らす


            ↑高知県庁産業進行推進部 というところが、かなり力を入れて移住支援をしているみたいです。

            幸せ移住パッケージシステム なんてのまである。

            求人、住居、趣味から検索できるようになっていて、来て欲しさ抜群です。

            来て住んで下さい!とアピールされているところに行くのは、だいぶ行きやすいですね。

            私は、四国に行ったことがないのですけど、一度、旅行で行ってみたいです。 

                     



            移住の前に、旅行で下見をする。↓

             

             

                    
            0
              ♪よかったら人気ブログランキングに投票お願いします♪ポチッと→ ♪よかったら、引越し住み替えランキングに投票お願いします。♪ポチッと→にほんブログ村 住まいブログ 引越し・住み替えへ           

              127:そろそろ東京を出る時なのかも

               

              こんにちは。

              一ヶ月以上、ごぶさたしてしまいました。

              1月は、親族の病気、お見舞い、それから告別式と、緊張に終始した月でした。

              都知事選も、何事もなかったように終わってしまいました。 

              私は、細川さんに期待して、毎日、街頭演説のツイキャスを見ていたのだけれど、実際には、予想通りという選挙結果が発表されましたね。

              聞くところによると、投票日の午後8時になる前にNHKには舛添氏の当確が出たとのこと。

              まだ、投票所から帰ってないよ!という人の声もTwitterでみました。

              私も、数年前、投票に行くのが遅れてしまって、8時ギリギリに駆け込んで、投票を終えて帰ってきたら、もう、テレビでは当確が出ていたということがありました。

              あれは、完全に投票するモチベーションを下げますね。

              開票0%で当確が出てしまう。

              出口調査とか、事前調査とか言うけど、やっぱり変ですよね。

              ということで、東京の知事が、またこんな状況になってしまったことを受けて、住民の健康や安全に関して、心配ごとは増える一方という情勢が確定してしまいました。

              やはりこれはそろそろ東京を離れるべき時なのではないかな、と思っています。

              私も、これまでは大半の荷物は東京に置いたままで、関西では仮住まいのような暮らしを続けていたのだけれど、今年は、本格的東京脱出の年にしようと思っています。

              東京に不動産を持っている方、価格が下がらないうちに早めに売却というのが賢いかもしれませんね。

              いろいろ問題多いですね。

                       

              先日、予約していた安い旅行。

              実は、親族の告別式が入ってしまった関係で、やむなくキャンセルしました。

              その事情を説明すると、本当に信じられないほど好意的な対応をしてくれました。

              有難いです。

              この旅行会社。

              格安国内旅行【スカイパックツーズ】

              次の機会にぜひ、利用したいと思っています。

              もうすぐ新しい年度が巡ってくる。

              次の一年には、みんなが次の方向に向かって一歩を踏み出せるように願っています。


              楽しい映画でも観て、元気を出そう!

              TSUTAYADISCAS 30日間、CD/DVD無料借り放題。

               


               

               

                      
              0
                ♪よかったら人気ブログランキングに投票お願いします♪ポチッと→ ♪よかったら、引越し住み替えランキングに投票お願いします。♪ポチッと→にほんブログ村 住まいブログ 引越し・住み替えへ           

                138:引っ越し騒動

                 こんにちは。

                今日も激しい雨が降っています。

                ひどい土砂災害が起こってしまって、本当に胸が痛いです。

                言葉もありません。

                日本は、もはや危機的な状況に陥っていると思います。

                せめて、一人一人がよく考えて情報を収集して、自分の命を守りましょう。

                引っ越しから、一ヶ月が過ぎました。

                引っ越し自体は、うまく行きました。

                1:定期借家から脱出できたこと。

                2:家賃も少し安いところに移れた。

                3:環境もいい。

                ただし、今回の引っ越しでは、いくつか重大な失敗  をしました。

                一つは、引っ越し業者の選定を誤ったこと  です。

                これについては、まだ、問題が解決していなくて、業者と事後交渉中なので、詳しくは書きません。

                しばらくかかるのではないかと、思っています。 

                ◯TT西日本と◯ahoo!との間の連携がうまくいかず、何度も機器を交換し、ネットがつながったのが引越し26日後、だったというのも、結構、ダメージでした。


                教訓はいろいろあります。

                まず、引っ越し費用の安さにつられないこと。

                安いということは、どこかにしわ寄せがいっているということ。

                その結果は、結局、引っ越しを依頼する側の不利益になって戻ってくるということ。

                ズバッと引っ越しで、いろんな業者から見積もりを取ったところまではよかったのですが、そこで、もっと冷静な判断が必要でした。

                価格に惑わされず、もっと、各業者のサイトを仔細に検証すべきでした。

                良心的な業者ばかりではない、というのが今回わかりました。

                前回引っ越しを頼んだ「ハート引っ越しセンター」は、とても仕事も丁寧で、親切でした。

                おすすめです。

                「ズバッと引っ越し」自体も、お勧めできます。

                要は、そのあと、送られてきた情報の中から、自分が何を基準に何を選択するか、ということですね。

                今回の問題が解決したら、また詳しく書きますね。

                とりあえず、私のように間違った判断をしてしまう方が出てはいけないので、一つ前の記事の、引っ越し業者選択の基準とした部分に関しての記述を削除しておきます。

                それにしても、引っ越しはやっぱり大変。

                移住される皆さんが、ストレスなくトラブルなく、うまく引っ越しできますように。

                情報を取り寄せてから、一社ずつ、よく検討しましょう。





                この豪雨が早くやみますように。

                これ以上、被害が出ませんように。

                  ザク美。

                        
                0
                  ♪よかったら人気ブログランキングに投票お願いします♪ポチッと→ ♪よかったら、引越し住み替えランキングに投票お願いします。♪ポチッと→にほんブログ村 住まいブログ 引越し・住み替えへ           

                  1

                  profile

                  profilephoto 書いた記事数:146 最後に更新した日:2016/01/08

                  selected entries

                  categories

                  archives

                  recent comment

                  • 11:大阪のどのあたりに住むか?(1)
                    ザク美。
                  • 11:大阪のどのあたりに住むか?(1)
                    しげ
                  • 114:ようやく空気がよくなってきたので。
                    ザク美。
                  • 114:ようやく空気がよくなってきたので。
                    ノリコ
                  • 83:手塚治虫記念館(2)
                    ザク美。
                  • 83:手塚治虫記念館(2)
                    ヨシモリ
                  • 83:手塚治虫記念館(2)
                    ヨシモリ
                  • 83:手塚治虫記念館(2)
                    ザク美。
                  • 83:手塚治虫記念館(2)
                    ヨシモリ
                  • 83:手塚治虫記念館(2)
                    ヨシモリ

                  calendar

                  S M T W T F S
                       12
                  3456789
                  10111213141516
                  17181920212223
                  24252627282930
                  << June 2018 >>

                  Twitter

                  links

                  search this site.

                  others

                  mobile

                  qrcode

                  powered

                  無料ブログ作成サービス JUGEM

                  QLOOKアクセス解析